>>エアコンの購入ならダイキンEシリーズがおすすめ

トイレットペーパーカバー

トイレットペーパーカバーを作ってみました。

トイレットペーパーカバー
Screenshot

まずは完成形です。

このようなトイレットカバーを付けることで無機質な感じからおしゃれな感じを出すことが出来ます。

目次

作成材料

トイレットペーパーカバー
Screenshot

まずは材料です。

Lアングル・・・2個

アカシアの集成材(10×200×450)・・・1枚

ヒノキの板・・・1本

おしゃれにしたかったのでアカシアの集成材を使用しました。

まだ安くしたい場合はお好きな木材を選ぶと良いです。

加工

トイレットペーパーカバー
Screenshot

アカシアの集成材をカットして下さい。

カットサイズはトイレットペーパーホルダーのサイズより少し大きめにカットして下さい。

おしゃれに隠すのが目的になります。

トイレットペーパーカバー
Screenshot

Lアングルの金具を取り付けます。

取り付け前に下穴を開けておくと綺麗に止めることが出来ます。

アングルの取付ける位置については

下の写真の赤丸にアングルを差し込めるように位置を決めて下さい。

トイレットペーパーカバー
Screenshot
トイレットペーパーカバー
Screenshot

次に取り付けたアングルの隣に木材をボンド付けします。

この木材の設置目的はトイレットペーパーを使う際に引っかかるのを防止するためです。

高さを付けることでカバーとの接触を避けれます。

トイレットペーパーカバー
Screenshot

先ほどの木材をビスどめします。

ボンドのみでも大丈夫ですので好みでビスどめするか決めて下さい。

トイレットペーパーカバー
Screenshot

ビスが見えていると見た目が悪いのでダボを使用して目隠しをしました。

ダボとアカシア集成材は相性が良いように感じます。

取付け

トイレットペーパーカバー
Screenshot

取り付け例です。

この状態で完成でも良いのですが後一つ工夫をしてみます。

トイレットペーパーカバー
Screenshot

ヒノキの板を付けてみました。

見た目も良くなったように感じます。

上の方を少し出す事で上に物を置いた際の落下防止になりました。

取り付け方法はボンド付けです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

エアコンの保全を仕事にして16年です。
今まで蓄えたノウハウなどを公開していきます。
偶に木材を使ってDIYをしています。

目次