>>エアコンの購入ならダイキンEシリーズがおすすめ

シーズン前点検の実施

今回の記事は、エアコン使う時期の前に、一度シーズン前点検を行うことを推奨する記事です。

目次

シーズン前点検をやった方がいい理由

まずはシーズン前点検を行った方が良い理由を書いてみます。

なぜシーズン前点検をしないといけないのかと言うと、エアコンを本格的に使うのは真夏や真冬など環境がきつい時になります。

そのようなタイミングになると一斉にエアコン使う人が多くなるため、故障が発生した際はメーカーなどの調査窓口が混雑する可能性が高いです。

混雑してしまうと調査で日数を要したり、直るまでの日数も要する可能性も高くなります。

また1日に数をこなさないといけなくなるため、修理の品質が悪くなる可能性もあるので、一度シーズン前点検も行うと良いかと思います。

また修理日数がかかるから新品を購入しようと思ってもやはり取り付け需要が多いため日数がかかります。

またその時、限りの業者なども参入してくるため、ガス漏れ等新品を取り付けても施工不良などのリスクが高くなってしまいます。

シーズン前点検のやり方

それではどのようにシーズン前点検をやれば良いのかやり方を書いていきたいと思います。

まずはフィルターなどを清掃してください。

フィルター等が詰まっていると熱交換率等が悪くなるため、消費電力の増加や故障など様々なデメリットを発生します。

フィルターを清掃した後は下記手順に則り行ってください。

夏:冷房運転

夏の場合は冷房運転で運転を行います。

具体的なやり方としては冷房運転を行い設定温度1番下まで下げてみてください。

15分ほど運転を行い室内が冷えているかの確認と室外ファンモーターから変な音がしていないかなど確認を行います。

また室内機から正常に排水がされているかなども確認が必要です。

具体的にはドレンホースなどから水が出ていれば大丈夫です。

これで故障等が発生しない場合は終わりとなります。

夏場の場合は 4月や5月等の猛暑になる前に行うのが良いのかなと思います。

またこの時期まだ寒い場合は、6月など少し時期をずらしてみてもいいのかなと思います。

冬:暖房運転

次は冬場などの運転です。

冬場の場合は外が寒いため暖房運転で運転を行います。

暖房運転の場合は設定値を最大まで上げて運転を行います。

こちらも冷房運転同様15分ほど運転を行い室内が温まっているかの確認と室外機から変な音がしていないかなどの確認を行うと良いです。

対策

シーズン前点検を行っていても故障する時は故障します。

そのため対策としてはエアコンなどを二台設置するなどの方法もあります。

二台設置していれば1台故障しても、もう1台のエアコンでその時期を乗り切ることができる可能性もあるからです。

ただし、お金などもかかったりするので、その点は注意が必要です。

エアコンはもう生活必需品になっているため、使いたい時に使えないのは困ります。

そのため忙しくなる前にぜひシーズン前点検を行うことを推奨します。

また製造後10年など経過している、エアコンの場合は部品等が入手不可になっている可能性も高いので、10年超えてる場合はエアコンの買い替えも検討してみると良いのかなと思います。

どのようなエアコンが良いのかわからないという方は、私はダイキンのEシリーズと言うエアコンがお勧めです。

お勧めする理由事は上記の記事を参考にしてみてください

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

エアコンの保全を仕事にして16年です。
今まで蓄えたノウハウなどを公開していきます。
偶に木材を使ってDIYをしています。

目次